(規  定)
道心霊場を使用される方はこの規則の定めるところにより使用承諾を受けて下さい。
 2
(使用日的)
本霊場は墳墓以外の目的に使用することができません。
 3
 (使用資格)
本霊場は廣済寺入檀届を提出し、檀徒となった者のみ使用することができる。
本霊場における読経供養は本霊場の管理者が執行し他の僧侶の介入を許しません。
 4
(墓地の種類)
 本霊場には次の区域を設けます。 イ、普通墓地
 5  (使用承諾証の交付)
(1)本霊場を使用される方は使用申込書に別に定めるところの使用料及び管理料を納入し、使用承諾証の交付を受けて下さい。
(2)使用承諾証を紛失又は汚損した場合は使用承諾証の再交付を受けて下さい.
(3)使用承諾証の記載事項に変更があったときは、速やかに届け出て、訂正を受けて下さい。
 6  (使用料)
別に定めた使用料を戴きます。使用料とは、永代の使用権を保証する料金です。
 7  (管理料)
別に定めた管理料を戴きます。管理料とは事務管理、並びに場内の清掃、環境の整備等(但し使用承諾の場所を除く)霊場の管理を要する費用であって、管理者の請求によって管理料は使用申込同時に納付していただき支す。管理料は毎年納付していただきます。
納付方法は霊場の定める方法で行っていただきます。
 8
 (使用料・管理料の還付)
既納の使用料・管理料は還付しません。但し、使用承諾を受けた日から三ケ年間使用承諾場所を使用しないで返還したときは既納使用料の三分の一を返還します。
尚未使用とは使用承諾証の埋(改)葬事項欄に未記入のものを云います。
 9  (管理料の変更)
物価の変動等の事由により、管理料が著しく不均衡となった場合は、これを変更することがあります。
 10  (工事の承認)
 基線建設、その他の設備工事を行なう時は、事前に届け出て管理者の承認を受けて下さい。
 11  (普通墓地内の設備制限)
普通墓地内の墓碑その他の設備は次の基準に従って下さい。但し竹木生垣は禁じます。
  イ、墓碑及び墓誌並びにこれに類する設備の高さは二米以内
  ロ、盛土の高さは、〇・三米以内
  ハ、植樹の高さは一米以内、若し他に迷惑を及ぼす様な場合は管理者が処分します。尚、その際     の費用は使用者で負担して下さい。
  前各項の高さとは場路地盤面から、設備の最高部までの尺度です。
 12  (死体埋葬の禁止)
公衆衛生上本霊場には、死体(死胎を含む)を埋葬することはできません。
13   (使用承諾場所の清掃)
使用承諾場所の清掃は使用者が毎年正月、盆、春秋彼岸の四回以上行って下さい。清掃がされず、雑草等が著しく繁茂した場合は当然管理事務所が処分します。尚、この際の費用は使用者で負担して下さい。
 14  (使用承諾の取消)
左記の各項に該当するときはり霊場の使用承諾を取消します。
  イ、墓地使用者が死亡した日から起算して一年を経過しても継承者の届出ががないとき。
  ロ、3年以上管理料を納めなかったとき。
  ハ、墓地使用者が住所不明になって3年以上経過したとき。
  こ、使用者が承諾を受けた目的以外に使用したとき。
  ホ、使用者が使用場所を管理者に通告なく第三者に譲渡又は転貸したとき。
  へ、他の使用者の信仰に圧力を加えたり近隣の迷惑になるような行為をしたとき。
  ト、その他本使用に違反したとき。
前各項により墓地の使用権を取消したときは、本霊場の任意に定める場所に改葬することができ、他の第三者に新たに使用権を与えても使用者並びに利害関係者は異議を申し立てることはできません
 15  (無縁墓地の祭祀)
前十四条により使用権を取消され、当霊場の無縁墓地に移設されたときは当管理事務所が祭礼をいたします。
 16  (使用者の継承)
使用名義人の変更理由が生じた場合、管理者は使用権の変更に同意するものとする。
但し、その場合使用権を継承した者は別途定める管理料を管理者に納付していただきます。
 17  (墓地の返還)
使用墓地が不要になり使用権を放棄するときは、原状に復し使用承諾証及び印鑑証明書を添えて返還して下さい。放棄された墓地使用権は本霊場に帰属し既納の使用料及び管理料は返還しません。万一使用者が墓地を返還しないときは、管理者は使用者に通知して、その墳墓を本霊場の任意に定める場所に移設することができます。
 18  (不可抗力による事故の責任)
天変地異等不可抗力による損害については一切当霊場は責任を負いません。
 19  (規則に定めない事項)
前各条に定めない事項については、法律に定めるところによるほか、その都度管理者がきめます。
 20  (規則の改正)
墓地埋葬等に関する法律等現行法規が改正された場合には本規則も改正されることがあります。