応永元年(1394年)
広島県聖光寺(この寺院は過年の原爆により焼失)の開山、悦堂常喜大和尚の弟子で、天眞大用大和尚が鎌倉義教公の請侍により帰錫の時、この地(桂邑)にいたり当寺を開いた。開基家は織田家
門葉七十二寺を有し、塔頭(たっちゅう)「東陽軒」あり。その後、清洲城城主織田大和守敏定は自筆の偏額を掲げ、寺領地を寄進す。織田家の勘十郎達成、信長、信雄、代々寺領地を寄進し、その証文を伝えた。
時は移り、天正10年(1582)5月、蟹江合戦の折前田友十郎ここに陣を敷き竹林、末寺、塔頭を取り壊し薪としてしまったという。
天正17年(1589)の太閤検地により時の奉行岡田備中の守、寺領8町4反を没収するも、証文と書状を提示して難を逃れた。
当寺は、曹洞宗において片法幢会地として常に宗門の僧侶を養成する道場であり、愛知県下屈指の古刹であったので、明治23年(1890)内務省より古代建築物保存金を下附された。この折りの県政札は、先年の伊勢湾台風にて喪失した。
現在の廣済寺は、昭和24年(1949)の自作農創設令により2町八反を解放し、寺領約3000坪を有し、昭和57年庫裡の新築、書院、山門等を改修し、平成2年に本堂の瓦ふき替え、開山堂の新築を発願し平成8年完工をみ、平成18年秋には観音堂落慶式典を挙行し、今日に至っている。
また、当寺は東海百観音、尾張三十三観音の共に第15番札所になっている。